私たちライノジャパン株式会社は、米国Rhino Linings社の日本に於ける唯一の総販売元会社です。
北は北海道、南は沖縄まで全国に特約代理店網を構築し、Rhino Linings社のポリウレアスプレーコーティング事業を展開しております。ポリウレアの歴史は比較的新しく、1980年代にプラスチック成形材として開発され、1990年代に入り、各種用途毎に発展した樹脂です。Rhino Linings社は1988年の設立からサンディエゴ、ダラス、ブリスベンの3施設にてポリウレアの研究開発を進めており、特にRhino Linings社ダラスには最大の研究拠点を有し、在籍する化学者6名を中心に、自社工場による多種多様なポリウレア製品を製造しております。
 Rhino Linings社の主な製品の内訳として、
  28種類のポリウレタン・ポリウレアコーティング材
  36種類のエポキシ樹脂製品
  12種類の化粧製品
  3種類の耐火ウレタン製品
  約50種類以上に及ぶポリマーミックス製品 などがあります。

 しかし、海外ではごく一般的なポリウレア、ポリウレタン、エポキシなどのコーティング技術も日本国内では、まだ、あまり普及しておりません。
 米国国防省(通称ペンタゴン)をテロから防衛(防爆、防弾)する軍事技術に準ずる高い技術(製品)を、一般の家屋や建築構造物に転用する事で、様々な諸問題を解決する事が出来ると思います。

 米国基準や欧州基準など海外の高い安全検査基準や許認可を取得したコーティング技術により、皆様の大切な財産や公共施設などを自然災害や経年劣化から保護する事が出来ます。
 
 Rhino Linings社は設立以来、世界80ヶ国での施工事例が他に比類なき実績となり、豊富なケーススタディーにより得られた大きな信頼とWorld Class Protectionをご提供する会社です。
 私たちライノジャパン株式会社は、Rhino Linings Familyの誇りと、ポリウレアスプレーコーティング工法のリーディングカンパニーとして日々邁進致します。
 ポリウレアの有効活用をご提案し、日本の建材の常識を変革し、新技術を導入するイノベーター企業として、ポリウレア・ソリューション提案により新たな建材の分野に日々、チャレンジして参ります。

代表取締役 緒方修一